2009年06月02日

写真製版の原稿づくり

〜フォトポリマーフィルムを使う写真製版〜
「アクアチントスクリーンを使用しない場合」

原稿は家庭用プリンターからOHPフィルムにプリントアウトします。

ここで使用している家庭用プリンターは2種類あります。
インクジェットプリンター:HP Photosmart C6380
レーザープリンター:ブラザー HL-5250DN
です。

パソコンで使用したい写真を画像加工ソフトのアドビ フォトショップで開きます。
アクアチントスクリーンを使用しない場合はアドビフォトショップで黒ベタ部分を細かい点(ドット)の集まりに変換する作業をします。

1. 用いる写真をアドビフォトショップで開く。

2. レベル補正をする。(例:イメージ→色調補正→自動レベル調整→自動コントラスト)

3. イメージ→色調補正→トーンカーブ、入力0、出力30にする。(黒い三角マークは右)下の図
tone-c-6543.jpg
4. グレースケールにする。
5. プリントサイズを入力する。(イメージ→画像解像度→画像の再サンプルのチェックを消す→ドキュメントのサイズに任意の値を入力→OK)

6. インクジェット用のOHPフィルム(3M CG3410)にモノクロでプリントする。

インクジェットプリンター (HP Photosmart C6380) の設定は、
プリセット:ファイン、白黒
用紙の種類/品質
用紙の種類:その他のOHPフィルム
品質:高画質
カラー:グレースケール
カラーオプション:黒プリント カートリッジのみ



レーザープリンターからプリントするときはグレースケールにしないでカラー写真のままプリントする方が少しきれいでした。プリンターの設定はモノクロでプリントします。

レーザープリンター (ブラザー HL-5250DN) の設定は、
プリセット:ファイン、白黒
Resolution(解像度):HQ1200
Media Type(用紙):Transparencies(OHPフィルム)


posted by Studio at 00:07 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

ImagOn HD の実験

09-5-28i.jpg 09-5-28g.jpg
3層構造になっている裏面の保護フィルムを剥がしたところ。
裏面のフィルムはマットです。

09-5-28c.jpg
ImagOn HD の露光前のフィルムの色はグリーン色をしています。

09-5-28j.jpg
露光します。(アクアチントスクリーンを露光しているところ)

09-5-28h.jpg
現像液に浸ける前に表側の保護フィルムを剥がします。
表側の保護フィルムは透明です。

09-5-28e.jpg
現像後、水洗などが終わり版を少し加熱します。

09-5-30b.jpg 09-5-30c.jpg
加熱後、再度紫外線に曝して版を強くします。(後露光)
フィルムの色はブルーに変化します。

09-5-30a.jpg
刷り上がり。

原稿のOHPフィルムは、
3MのCG3410 インクジェットプリンタ用を使用。
posted by Studio at 21:59 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

プリンターの機種は

ImagOn HD の実験。
原稿の作成に使用したプリンターはインクジェットプリンターです。

09-5-28a.jpg

このプリンターの機種は、HP Photosmart C6380(複合機)です。
最近購入しました。
同等の機能を持つプリンター単体もあると思います。

この機種は、印刷の設定にOHPフィルムがあり、また、黒インクだけで印刷できる設定もあります。この設定を選択するとカラーのドットは出ません。

印刷されるドットの大きさもかなり小さいと思っています。そしてキレイです。以前使用していたブラザーのMFC-100と比較すると歴然です。MFC-100はかなり古いモデルだったので仕方がないところですが。

OHPフィルムは、
3MのCG3410 インクジェットプリンタ用がオススメです。

09-5-28f.jpg
現像後の ImagOn HD の版。
posted by Studio at 18:55 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

インクジェットプリンターで作る原稿

09-5-1e.jpg

使用したインクジェットプリンターは、エプソンのPMA-950(染料インク)と
同じくエプソンのPXG-5300(顔料インク)です。
このプリンターからプリントアウトした原稿は、両方ともルーペで拡大してみるとカラーのドットも少し出ていましたが、成功することがわかりました。

グレースケールにした写真をインクジェットプリンターでOHPフィルムにプリントアウト。トーンカーブは操作していません。
つまり、黒ベタの部分のある原稿です。(黒ベタ部分をドットに変換していない原稿)

別に作ったアクアチントスクリーンを初めに露光して、その後、続けてイメージの原稿を露光しました。
そうすることで、黒ベタの部分も細かいドットになり、刷った時に白く抜けないで黒くなる。

09-5-1c.jpg
使用した原稿。
(左)PMA-950(染料インク) (右)エプソンのPXG-5300(顔料インク)


09-5-1d.jpg 09-5-1b.jpg

技法:フォトポリマーグラヴール(ポリマー凹版)
インク:アクアインタリオ

posted by Studio at 18:10 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタジオ風景 4-30 '09

レーザープリンターを使用して
OHPフィルムにプリントアウトした原稿で製版。

09-4-30b.jpg

技法:フォトポリマーグラヴール(ポリマー凹版)
インク:アクアインタリオ



同じ写真のイメージから露光時間の違う2枚の原稿をつくり製版。
赤色1版と白色1版で刷ってあります。

09-4-30a.jpg

技法:フォトポリマーグラヴール(ポリマー凹版)、2版2色刷り
インク:アクアインタリオ



09-4-30c.jpg

技法:フォトポリマーグラヴール(ポリマー凹版)
インク:アクアインタリオ



posted by Studio at 18:04 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

露光時間のテスト

アクアチントスクリーンを使う製版方法と原稿の作り方。

09-4-18a.jpg 09-4-18b.jpg
(左)インクはアクアインタリオ。(右)フォトポリマーフィルムの版にインクを詰めた状態。

09-4-18e.jpg 09-4-18f.jpg
(左)アクアチントスクリーン(OHPフィルムにインクジェットプリンターでプリントアウト)。(右)部分拡大(アクアチントスクリーン)


09-4-18-6498.jpg 09-4-18-6492.jpg
(左)露光時間のテストの試し刷り。(右)原稿(OHPフィルムにインクジェットプリンターでプリントアウト)

解説:
原稿の作り方。
トーンカーブは全く操作しない。
インクジェットプリンターの設定をモノクロでプリントアウト。
黒ベタの部分ができる。

露光。
最初にアクアチントスクリーンを露光し、その後、原稿を露光する。
このようにすることで黒ベタ部分をドットにすることができる。

露光時間をテストする。
アクアチントスクリーンと原稿の露光時間を同時にテストする。
試し刷りをして適正な露光時間を見つける。
この場合、アクアチントスクリーンは20秒〜25秒。
原稿は、30秒〜40秒。

このアクアチントスクリーンの作り方。
アドビフォトショップで黒ベタをつくる。
トーンカーブ100
解像度600
でインクジェットプリンターのモノクロ設定でプリントアウト。

posted by Studio at 16:42 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

スタジオ風景 4-11 '09

フォトグラヴール
フォトポリマーフィルムを使用した写真製版で。

09-4-11.jpg

09-4-11b.jpg

09-4-11d.jpg
技法:フォトグラヴール
インク:AKUA INTAGLIO (アクアインタリオ
posted by Studio at 16:44 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

スタジオ風景 3-19 '09

ポリマー凹版(フォトポリマーグラヴール) 


フォトポリマーフィルムを使用した写真製版。

原稿のデータ:トーンカーブ30
レーザープリンター印刷設定 解像度600dpi


09-3-19e.jpg

露光時間:45秒
照射距離:60cm
光源:ケミカルランプ8本(20ワット)


09-3-19a.jpg 09-3-19b.jpg

09-3-19c.jpg

版の上にちぎった和綴じ本をコラージュしていっしょに刷って作品に仕上げています。

posted by Studio at 18:37 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

レーザープリンター(2)

フォトポリマーフィルムを使用した写真製版『原稿作成』

●レーザープリンター(ブラザーHL-5250DN)でプリントするための写真の加工方法。


1). アドビフォトショップで使用する写真を開く。
2). レベル補正をする。(自動レベル調整、自動コントラスト)
3). トーンカーブの出力30〜60くらいにする。

09-3-18a.jpg

4). 画像解像度でドキュメントのサイズを入力。(例えば版の大きさと同じサイズにする)
グレースケールに変換しないで、カラーのままでプリントします。その方が若干精細にプリントされるようです。
5). プリントする。
プリンターの印刷設定は「ファイン、白黒」を選択。
Resolution(解像度)600dpi でMedia Type(用紙)は Transparencies (OHPフィルム)を選択。

プリントの結果は全て黒色のドットに置き換わっています。


『刷りの注意点』

フォトポリマーフィルムを貼った版は、ゴムローラーでインクを詰めていきます。版に傷を付けないためにへらは使用しません。

09-3-17f.jpg


刷り後の版の掃除は、サラダ油を版に適量つけてウエスで拭きます。インクがきれいに取れたら食器用洗剤(または普通の石鹸)で油汚れの食器を洗う要領でスポンジを使い水洗します。
決して有機溶剤のベンジンやアルコールなどは使用しないで下さい。フィルムが溶けてしまいます。また、D-SOLVEも同じようにフィルムが溶けるために使用できません。

・できた作品はこちら!
リンク:石のコトバ http://nobukoueda.exblog.jp/11123185/
posted by Studio at 01:17 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

レーザープリンター

フォトポリマーフィルムを使用した写真製版。

OHPフィルムにプリントアウトするのにレーザープリンターを使用してみました。
09-3-17i.jpg
ブラザーのHL-5250DNです。(レーザープリンター)
Mac OS9とMac OSXの両方に対応しているために選びました。

09-3-17d.jpg
OHPフィルムは、3MのCG3300(白黒レーザープリンター用)が適しています。

これまでは、インクジェットプリンターを使用していました。ブラザーのMFC-100(複合機)でした。
この機種は古いモデルです。しかしモノクロ設定でしっかりと黒インクだけがプリントされました。

最近のインクジェットプリンター(エプソン)は印刷設定をモノクロにしてもカラーのインクも少し噴射する構造になっているらしく、原稿作成には不向きではないかと判断してレーザープリンターを購入しました。
(インクジェットプリンターのエプソンPX-A650では作成できることを確認しています。これも旧モデルだと思います。)

09-3-17h.jpg

09-3-17g.jpg
原稿のデータ:
トーンカーブ 60
プリンター設定の解像度 600dpi

露光時間 40秒間

09-3-17f.jpg

09-3-17c.jpg
版にインクを詰めたところ。

09-3-17e.jpg
試し刷り。



posted by Studio at 19:15 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

スタジオ風景 3-10 '09

フォトポリマーフィルムで写真製版。

09-3-10d.jpg
使用する原稿に、
3MのOHPフィルム CG3410 インクジェットプリンタ用 A4を使用してプリントアウト。

3MのOHPフィルムは、エプソンのインクジェットプリンタ用専用OHPシート A4(製造中止)よりも露光時間は短くなるようです。
(使用するフィルムによって露光時間は変化することがあります。)

アドビフォトショップで写真を網点状になるように加工(トーンカーブの操作など)し、そしてグレースケールにしてモノクロ(黒色だけのインク)でプリントアウトします。

モニターでは網点になっていないが、プリントアウトすれば網点状になります。

09-3-10c.jpg 09-3-10b.jpg
版にインクをつめた状態。

09-3-10a.jpg
左:露光時間のテスト   右:試刷り。(もう少しきれいに刷れると思います。)
上半分は35秒間、下半分は55秒間露光。
このようなイメージの場合、同じ露光時間で白く淡い部分と黒い部分を両方ともしっかり出すのは難しいと判断して、
中央部分で当て紙を置いて白い部分(上半分)を覆い上下に揺らすように動かしながら黒い部分(下半分)を長く露光しました。

フォトポリマーフィルムの版は製版後初めての刷りより、数枚刷った後の刷りのほうがディテールがはっきりと出てくることがあります。これは、ポリマーフィルムの細かいカスが完全に除去しきれていないことが考えられるからです。


技法:ポリマー凹版(フォトポリマーグラヴール)

リンク:石のコトバ http://nobukoueda.exblog.jp/11055266/

posted by Studio at 00:01 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

スタジオ風景 3-8 '09

フォトポリマーフィルムで写真製版。

09-3-8a.jpg

09-3-8c.jpg

露光時間の実験。


09-3-8d.jpg


09-3-8b.jpg

50秒間露光して製版。試し刷りしました。
技法:ポリマー凹版(フォトポリマーグラヴール)

posted by Studio at 01:12 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ポリマー凹版の1日体験

08-12-15a.jpg 08-12-15b.jpg

紫外線計測器でケミカルランプから放射する紫外線量を計測。
ケミカルランプは点灯後数分経過すると紫外線量が安定してくる。

08-12-15f.jpg 08-12-15c.jpg 08-12-15e.jpg

アクアインタリオ(SOYインク)を使用。

08-12-15d.jpg

左上:写真のイメージをパソコンで網点状に加工後、OHPフィルムにインクジェットプリンターでプリントした原稿。
左下:最適な露光時間を見つけるために20秒から50秒まで10秒間隔で露光時間をテストしてつくった版の刷り。
右:この作業の場合は最適な露光時間は40秒間とみてつくりました。



posted by Studio at 23:49 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

プラ板でポリマー凹版

銅版などに付いた水滴を拭き取るのに役立つブルータオル。
毛羽立たないのでポリマーフィルムを版に貼る時に水滴を拭くのにもいいです。
ウエスの代わりにも、いろいろな用途にも使えます。

08-11-8a.jpg

関西では兵庫県尼崎市にあるコストコで買える。
http://www.costco.co.jp/index.htm



08-11-8e.jpg 08-11-8d.jpg
プラスチック板にポリマーフィルムを貼っています。(現像後のポリマー凹版) 

08-11-8f.jpg

08-11-8b.jpg
実験中。



posted by Studio at 16:34 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

OHPフィルムについて

フォトポリマーフィルムでの写真製版で使用する原稿に、
3MのOHPフィルム CG3410 インクジェットプリンタ用 A4 が使用できます。


今までは、
「エプソンのインクジェットプリンタ用、専用OHPシート A4」を使用していましたが、これが製造中止になったようです。ネットでは販売しているサイトがあります。

(露光時間はOHPフィルムの種類の違いによって変化することがあります。)

posted by Studio at 15:11 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

写真製版の原稿の作り方

ポリマー凹版またはフォトエッチングによる版画作品のための原稿つくり。

写真製版に使う原稿は、網点処理する必要があります。
その方法として、用いる写真のデジタルデータをパソコンで細かいドットの集まりに変換します。
ホームページではモノクロ2回調にする方法を紹介しましたが、モノクロ2回調にしなくてもできます。その方法を下記に紹介します。(プリンターの機種によっては網点にならないものもあるかもしれません。)

紹介する方法は一例ですのでそれぞれにあった方法を見つけて下さい。


1).
08-6-22f.jpg 08-6-22e.jpg
レベル補正をする。

2).
08-6-22d.jpg
イメージ、色調補正、トーンカーブを選択。

3).08-6-22c.jpg 08-6-22b.jpg
トーンカーブを右図のようにする。
これは一例です。用いるイメージによってこのカーブや数値を変えて適切に画像処理をします。

4).
08-6-22a.jpg
解像度を入力。この場合は200。
プリントアウトするサイズを入力。(ドキュメントのサイズ)
解像度は使用するプリンターの性能によって変わります。

5).
グレースケールにする。
(グレースケールにしなくてもRGB(カラー)のままでもプリンターの設定を白黒にすればよい場合もある。)
6).
プリンターの設定は、白黒でOHPシートなどの透明フィルムにプリントアウトする。
(プリンターの設定でOHPシートを選択することができればそうする。)

プリントアウトされたイメージは必ず黒色だけのドットでなければなりません。
カラーインクのドットが混ざっていないことを確認して下さい。
また、黒ベタがあるとその部分は抜けてしまいます。
プリンターの黒色インクは、光(紫外線)を遮断するものでなければなりません。(プリンターの中には、黒色が薄くて適さないものがあるかもしれません。)
プリントアウトされたイメージのドットの大きさは、プリンターの性能により多少異なります。
(プリンターの機種によっては網点にならないものもあるかもしれません。)
posted by Studio at 23:09 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

スタジオ風景 4-6 '08 (1)

フォトポリマーフィルムによる作業。

08-4-6f.jpg
現像が終わったフォトポリマーフィルム。
版を腐食させないならば、金属板以外にプラスチック板に貼って版を作ることが出来ます。

08-4-6g.jpg
posted by Studio at 22:23 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

昨日の続き.......フォトポリマーフィルムで写真製版。

08-3-22f.jpg
作品に使う写真をアドビ フォトショップで網点加工して、OHPシートにインクジェットプリンター(設定:モノクロ)でプリントアウトします。

原稿のデータ
解像度:600
トーンカーブ:205
誤差拡散法(ディザ)

08-3-22g.jpg
現像は1%の炭酸ナトリウム水溶液で9分間。水温20℃±1℃

08-3-22b.jpg
適正な露光時間を見つけるためにテストします。
この原稿の場合は、65秒にしました。(光源や照射距離によっても変化します。)

08-3-22e.jpg

08-3-22d.jpg
刷り上がり。
写真イメージ以外の下の部分は、ドライポイントの別の版と合わせて作品に仕上げるそうです。

08-3-22a.jpg
(刷り上がった部分の拡大)
インクは、Akua Intaglio(水性 SOYインク)を使用。

posted by Studio at 15:54 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

フォトポリマーフィルムで写真製版。

08-3-21h.jpg
三層になっている裏側の保護フィルムを剥がします。

08-3-21i.jpg
ガムテープにフィルムの角を引っ付けて剥がします。

08-3-21f.jpg
銅版にフィルムを貼りつけているところ。

08-3-21g.jpg
霧吹きで水をスプレーしてゴムベラやスキージーを使って貼ります。

08-3-21e.jpg
はみ出した余分のフィルムはカッターで切り落とします。

08-3-21d.jpg
電熱器で30秒〜1分ほど加熱します。

08-3-21k.jpg
自作の露光装置。

08-3-21j.jpg
露光時間をテストします。

08-3-21b.jpg
露光。
光源から版までの距離は60cmで65秒間露光しました。
この後、1%の炭酸ナトリウム水溶液で9分間現像して水洗。
版を乾かして印刷します。

08-3-21a.jpg
インクを詰めた状態。(水性SOYインクを使用)

フォトポリマーフィルム自体に凹凸が出来るのでそのままインクを詰めて刷れます。
銅版を腐食させる方法もあります。
刷り上がりは明日紹介します。

posted by Studio at 21:40 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

スタジオ風景 10-27 '07(2)

フォトポリマーフィルムによる写真製版

07-10-27g.jpg

07-10-27e.jpg

07-10-27a.jpg

07-10-27c.jpg

07-10-27j.jpg

07-10-27b.jpg

posted by Studio at 13:36 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

スタジオ風景 7-21 '07(3)

フォトポリマーフィルムを使うフォトエッチング。〜銅版を腐食する方法で〜

07-7-21g.jpg

07-7-21h.jpg

07-7-21b.jpg

07-7-21a.jpg
技法:フォトエッチング
ドットをあえて荒めにして原稿を作成してつくりました。
posted by Studio at 14:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

スタジオ風景 7-14 '07

07-7-14b.jpg 07-7-14c.jpg
07-7-14d.jpg 07-7-14a.jpg
フォトポリマーフィルムを銅版に貼付けているところ。スプレーで水を吹き付けて、潤滑油代わりにして、ゴムベラ(スキージー)を使いきれいに貼ります。そして電熱器で30秒加熱した後、エッチングプレス機に通す。(刷りと同じ圧力)


フォトポリマーフィルムを使った作品。
作者は、「まだ実験段階ですから・・」と。
面白いアイデアで自由に楽しんでおられるのが伝わってきます。
07-7-14e.jpg

07-7-14f.jpg

07-7-14g.jpg

07-7-14h.jpg
インクは黒にコバルトブルーを混ぜた色で刷っています。
posted by Studio at 18:09 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

スタジオ風景 7-8 '07

エッチング、アクアチント、フォトポリマーフィルムで写真製版などの作業でした。
その中から写真製版の作業を紹介します。

07-7-8c.jpg

07-7-8d.jpg
このカラー写真からフォトエッチングを試みました。

07-7-8e.jpg
まずグレースケールにします。

07-7-8f.jpg
画像操作をしてドット(網点)にします。(部分拡大)

07-7-8a.jpg
フォトポリマーフィルムがグランドの役目をして防蝕膜になります。
腐蝕液に浸けて腐食した銅版。(部分拡大)

07-7-8b.jpg
(部分拡大)
プリントするとどんな感じに出来るでしょうか?
後日、紹介します。
posted by Studio at 22:18 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

フォトポリマーフィルムの作品写真

作品写真が小さくてよくわからないとの指摘を受けて、
今までに紹介した作品の中から、フォトポリマーフィルムを使った作品(実験作品)を写真を大きくしてもう一度紹介します。

DSCN4148.jpg

DSCN4352.jpg

DSCN4463.jpg

DSCN4529.jpg

DSCN4491.jpg

DSCN4505.jpg

DSCN4510.jpg

akua-93.jpg
インク:アクアインタリオ(水性SOYインク)

oil-91.jpg
インク:シャルボネール

DSCN4736.jpg

DSCN4735.jpg
posted by Studio at 18:36 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

スタジオ風景 6-23 '07

フォトポリマーフィルムで

2種類の原稿を用いて、銅板を腐食させる方法と、腐食させない方法でテストしました。
原稿づくりの段階で、いろいろ試したものを何種類か持って来られました。

07-6-23-3.jpg
腐食した銅板にインクをつめて刷ります。

07-6-23-4.jpg


07-6-23-2.jpg
凹凸の出来たフォトポリマーフィルムにインクをつめて刷りました。

07-6-23-5.jpg
posted by Studio at 18:26 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索