2007年04月24日

新しいソフトグランド

デンマークにある版画工房 "Grafisk Eksperimentarium" は professor at the Academy of Fine Arts in Granada, Juan Carlos Ramon Guadix氏が新しいソフトグランドを開発したと伝えています。
水溶性版画絵の具を使うソフトグランドは乾燥して固まるまでに描画し終えなければなりませんでしたが、このソフトグランドは決して固まることがないそうです。そして、以下のものを混ぜ合わせて自分自身で作ります。

150g bee wax ― 蜜蝋
75g resin colofonium (used for tradicional aquatint) ― 松脂
500g black lithographic ink ― 黒色のリトグラフインク
150g lard ― ラード

このグランドの塗布はウォーマー(ホットプレート)で版を加熱しローラーで均一な薄い層にのばします。
このソフトグランドはサラダ油で除去できます(有機溶剤を使う必要はありません。)

そこで、上記の材料の1/10の量でテストしてみました。
den-soft-g.jpg
写真、左から
晒しミツロウ(クサカベ)
松やに(新日本造形)
サクラ版画絵具油性BLACK
ラード(雪印、チューブ入り)

リトグラフインクはサクラ版画絵具 油性を使用しました。

1). 松やにを陶器の乳鉢ですりつぶして粉末にします。
2). ミツロウを加熱して液体にします。
3). サクラ版画絵具にラードと粉末にした松やにと液体になったミツロウを加えます。
4). これを加熱しながらさらに良く混ぜ合わせます。
5). 冷めると半練り状になります。
den-soft-g3.jpg
作ったソフトグランド。

den-soft-g2.jpg
テストピースを作りました。
薄い紙の上から5Hの鉛筆で描いた部分と
紙の上から指でこすった部分と
グランドに直に指を押し付けて指紋をつけた部分をつくりました。
(エジンバラエッチ液で20分間腐食)

den-soft-g1.jpg
刷り

この方法もうまくいきそうです。
ぜひ試してみて下さい。

追記:
ソフトグランド用の腐蝕液。
ソフトグランドの場合は、塩化第二鉄液 3に対して、水 7で希釈した腐蝕液に30分ほど浸けます。
ハードグランドに使う腐蝕液では強すぎるので、ソフトグランドが剥がれてしまいます。
エジンバラエッチ液では、エジンバラエッチ液 1に対して、水 2弱で希釈し、20分程腐蝕。
posted by Studio at 18:01 | 京都 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | ソフトグランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ドラマーの光田さんに教えていただいて訪問しました。体に優しい素材での銅版画、素敵ですね。私も銅版画をやっているのですが、なかなか全部をすぐに入れ替える余裕はないのですが、徐々にそうなればいいと思っています。このソフトグランドは嬉しい!買わないと使えないと思っていたのに!それもサラダ油で除去できるなんて、なんて幸せなんでしょう!北山工房さんが近くなら是非伺いたいのに・・・・。
Posted by 1045* at 2007年05月18日 11:45
こんにちは。ブログご覧いただいてありがとうございます。これからも時々訪問してくださいね。またよかったらスタジオのほうにも一度お越し下さい。
Posted by Studio at 2007年05月27日 14:47
はじめまして、中林忠良先生に教えて頂き、訪問しました。貴重な情報をありがとうございます!目から鱗のことばかりです。ソフトグランドを主にやっているので、自分で試してみようかと思っています。。。京都へ行く機会があれば是非お伺いしたいです。
Posted by 松林誠 at 2008年02月17日 12:52
ありがとうございます。健康に良くないと思われるものは出来るだけ使いたくないものです。北山銅版画室が紹介している情報や技法が作品作りのお役に立てれば嬉しいです。京都に来られた折は是非ご連絡下さい。
Posted by Studio at 2008年02月18日 01:56
こんにちは
長らく休眠していた銅版画制作を数年前に偶然見つけて気になっていた、こちらのHPとブログを頼りに最近やっとノントクシックを試しながら再開することができました。
この蜜蝋のソフトグランドを5/1の分量で作ってみました。ちょうどサクラの版画油性絵具を1本の分量で、浅田飴の空缶に2缶と1/2缶分できました。これからいろいろ試してみたいと思います。
京都までは遠いのでこちらで勉強させていただきます。よろしくお願いいたします


Posted by at 2009年01月15日 14:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。スパム防止のためです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39903598
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索