2009年05月01日

インクジェットプリンターで作る原稿

09-5-1e.jpg

使用したインクジェットプリンターは、エプソンのPMA-950(染料インク)と
同じくエプソンのPXG-5300(顔料インク)です。
このプリンターからプリントアウトした原稿は、両方ともルーペで拡大してみるとカラーのドットも少し出ていましたが、成功することがわかりました。

グレースケールにした写真をインクジェットプリンターでOHPフィルムにプリントアウト。トーンカーブは操作していません。
つまり、黒ベタの部分のある原稿です。(黒ベタ部分をドットに変換していない原稿)

別に作ったアクアチントスクリーンを初めに露光して、その後、続けてイメージの原稿を露光しました。
そうすることで、黒ベタの部分も細かいドットになり、刷った時に白く抜けないで黒くなる。

09-5-1c.jpg
使用した原稿。
(左)PMA-950(染料インク) (右)エプソンのPXG-5300(顔料インク)


09-5-1d.jpg 09-5-1b.jpg

技法:フォトポリマーグラヴール(ポリマー凹版)
インク:アクアインタリオ

posted by Studio at 18:10 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。スパム防止のためです。

この記事へのトラックバック

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索