2009年03月11日

スタジオ風景 3-10 '09

フォトポリマーフィルムで写真製版。

09-3-10d.jpg
使用する原稿に、
3MのOHPフィルム CG3410 インクジェットプリンタ用 A4を使用してプリントアウト。

3MのOHPフィルムは、エプソンのインクジェットプリンタ用専用OHPシート A4(製造中止)よりも露光時間は短くなるようです。
(使用するフィルムによって露光時間は変化することがあります。)

アドビフォトショップで写真を網点状になるように加工(トーンカーブの操作など)し、そしてグレースケールにしてモノクロ(黒色だけのインク)でプリントアウトします。

モニターでは網点になっていないが、プリントアウトすれば網点状になります。

09-3-10c.jpg 09-3-10b.jpg
版にインクをつめた状態。

09-3-10a.jpg
左:露光時間のテスト   右:試刷り。(もう少しきれいに刷れると思います。)
上半分は35秒間、下半分は55秒間露光。
このようなイメージの場合、同じ露光時間で白く淡い部分と黒い部分を両方ともしっかり出すのは難しいと判断して、
中央部分で当て紙を置いて白い部分(上半分)を覆い上下に揺らすように動かしながら黒い部分(下半分)を長く露光しました。

フォトポリマーフィルムの版は製版後初めての刷りより、数枚刷った後の刷りのほうがディテールがはっきりと出てくることがあります。これは、ポリマーフィルムの細かいカスが完全に除去しきれていないことが考えられるからです。


技法:ポリマー凹版(フォトポリマーグラヴール)

リンク:石のコトバ http://nobukoueda.exblog.jp/11055266/

posted by Studio at 00:01 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンクありがとうございました。
私のところにもリンクさせていただきました。
この様にちゃんと作業が記録されているとその時は覚えているつもりでもすぐ忘れるのでとても勉強になります。
これからもまたよろしく願います。
Posted by nobukoueda at 2009年03月11日 23:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。スパム防止のためです。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115443416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索