2008年08月07日

日蘭版画交流展

2008年と2009年は日本オランダ年です。
オランダといえば、レンブラント、フェルメール、ゴッホ、モンドリアン、エッシャーなど有名な歴史上の画家がいます。
来年のことですが、
2009年に北山銅版画室と紅梅町版画工房は合同で、オランダの工房と版画交流展を開催します。
●ライデン(オランダ)の会期
2009年 5月9日〜5月31日
●場所
ARS
Ars Aemula Naturae
Pieterskerkgracht 9a
2311 SZ Leiden
http://www.arsaemula.nl/04_informatie/frameset_informatie.htm
http://www.arsaemula.nl/04_informatie/fotoalbum_gevel_.htm

●日本の会期
2009年 7月 1週間〜2週間
●場所
アーティスト スペース セロ
550-0014 大阪市西区北堀江1丁目 3-11友成ビル2階
http://artistspace.seesaa.net/

日本オランダ年は、2008年が日蘭修好通商条約締結150周年、そして、2009年が徳川家康により日蘭貿易が開始されてから400周年という記念すべき年になることから決まったそうです。この2つの節目の年を記念して、2008年から2009年にかけて様々な記念祝賀行事が日本とオランダの両国で開催されます。
ミッフィーの作者であるディック・ブルーナ氏デザインによるマスコットが発表されました。
nihonorandajpg.jpg
日本オランダ年のホームページ http://www.nihonoranda.jp/

posted by Studio at 00:57 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 展覧会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。スパム防止のためです。

この記事へのトラックバック

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索