2007年01月20日

スタジオ風景 1 - 20 '07

「ソフトグランドエッチング」その後、ハードグランド。
◇”水溶性版画絵の具”をグランドに転用します◇

1-20-07.jpg
技法:ソフトグランドエッチング+ハードグランドエッチング

方法:
1.) サクラ水溶性版画絵の具にリキテックス ジェルメディウムを少量混ぜます。
2.) それをローラーで版に均一に塗布し、電熱器等で30秒〜1分加熱。適度な粘りになったところでトレーシングペーパーを版にあてた上から鉛筆で描画。
3.) 描画後、版を電熱器等で再度加熱しグランドを完全に乾燥させる。乾燥するとハードグランドになりニードルで描画できます。
4.) エジンバラエッチ液または塩化第二鉄液に浸けて腐食。
5.) グランドの除去は、版を10%の炭酸ナトリウム水溶液に5〜10分浸けて刷毛でかるくこすると除去できます。その後水洗。版が変色していてもピカールで磨けばきれいになります。

1-20-07c.jpg

softgland.jpg
サクラ水溶性版画絵の具、リキテックス ジェルメディウム、ローラー。

1-20-07b.jpg
エジンバラエッチ液で20分腐食後グランドを除去しピカールで磨いたところ。

1-20-07a.jpg
セピア色のインクをつめて拭き取りをしたところ。


posted by Studio at 21:55 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトグランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

スタジオ風景 1-8 '07

*フォトインタリオ ・・「腐食しないで刷れます」・・
:感光性樹脂フィルムを使用した写真製版による版画技法。

銅板に貼付けたフィルム自体に凹凸ができるので、銅を腐食しないで印刷します。(腐食する方法もあります。)

07.1.8e.jpg
この写真を使い版画を制作。

07.1.8b.jpg
製版したところ。ここにインクを詰めて拭き取ります。

07.1.8a.jpg

07.1.8c.jpg



07.1.8d.jpg

技法:感光性樹脂フィルム ( Z*ACRYL PHOTOPOLYMER FILM ) で写真製版。
インク:シャルボネール
紙:ハーネミューレー


感光性樹脂フィルムについて
posted by Studio at 00:05 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトポリマー(写真製版) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

スタジオ風景 1-7 '07

07.1.7c.jpg

07.1.7b.jpg

07.1.7a.jpg


今日の1日体験教室の作品。(2点)

07.1.7f.jpg
技法:エッチング(アクリル水性グランド使用)

07.1.7e.jpg
技法:ドライポイント
posted by Studio at 13:28 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 1日体験 / ドライポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

2007 新春

06-07.jpg

明けましておめでとうございます。
昨年はお世話になりありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
posted by Studio at 13:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

・・・・・Webを検索・・・・・
カスタム検索